ベガルタ仙台裏強化部コラム

ベガルタ仙台を様々なかたちでサポートしている連中がお届けする真面目なほうのおはなし

【2018ベガルタオフ(番外編その1)】裏強化部補強リスト(前編)

居酒屋で繰り広げられる戯言の数々

f:id:vegaltaunder:20171230174725j:plain

「裏強化部」と名乗るからには、チームの行く末を常に考え続けている我々。

 

オフシーズンはストーブリーグの話題で持ち切りなのです。裏強化部の活動の半分以上はこの時期に集約されているといっても過言ではありません。

 

我々はシーズンを通して査定を行ない、秋を迎える頃には編成会議を行ないます。シーズン終了を迎える頃には、表強化部の行動と考え方を長年の経験と勘で予測。他チームの編成をにらみながら極秘に戦力整理と補強リストを作成するのです。

 

と、いう訳で。今年もあとわずか。我が軍もほぼほぼ現有勢力の進路が明らかになりました。ちょっと遅くはなりましたがな、シーズン終了すぐの12月上旬に作成していたリストを公開したいと思います。

 

※ただの予想ですからね。


補強ポイント

裏強化部が掲げたテーマとしては

 

1■現有戦力の(ある程度の)残留。特に石原・野津田・三田各選手。
2■CBの底上げ。ビルドアップできる、足元の技術に優れた選手の獲得。
3■ボランチも獲らないとまずいだろう(※三田の退団発表前からの話)。
4■クリスランは残ってくれたらラッキー。と、言う訳で攻撃陣は一人必要。

 

以上4つの観点からリストを作成。

ただ……営業成績がよくないとフロントが認めている通り、資金面からJ1レギュラークラスを引っ張ってくるのは難しい。

 

と、なれば

 

「ベンチとレギュラーの狭間」
「監督がシーズン途中に替わって構想外となった」
「経験を積みたい若手(特に東京五輪世代)」
「ピークは越えたがまだまだやれるベテラン」
「J1チームへステップアップしたいJ2選手」

 

上記をポイントとしてリストアップを進めるしかない。代理人との絡みや、チーム間の関係なども鑑みてリストアップをしている。

 

1■現有戦力の引き留め

レンタル元・浦和との契約年数を予測したときに、石原選手は完全移籍で獲得できるのでは?と考えておりました。

 

三田選手もオファーは来るだろうが、来季は残留するだろう。

 

野津田選手は、城福監督に替わるので広島の編成方針次第……ただし、彼が今国内で輝けるチームはウチしかない。本人は残ってもいいはず。

 

中野選手は残したい。それに年齢やこれまでのキャリアを考えた時に、レギュラー争いをできるチームにいたいはずだ。だから残るはず。

 

大岩選手は残ると思うけど、どうなるかは読めない部分あり。

 

そんな感じで考えておりました。


2■CBの底上げ

平岡・増嶋両選手はやれることを必死にやっていたなあと。ただ、本気で上を狙うならもっと足元の技術に長けた選手が欲しい。戦術の質を上げたいなら、どちらかの入れ替えは必須だろうと。

 

んでどちらか、となると。レンタルで来ている増嶋は返却となると読んでおりまして。

 

……だがしかし、どこのチームもそれは至上命題のようで。ウチに来てくれそうな選手があまり見当たらない。となると「ビルドアップを重視した戦術の経験者」または「増嶋より若い選手でステップアップしたい選手(要は第2の大岩)がいいのかなと。

 

舞行龍ジェームズ(J1 川崎、29歳)J1リーグ戦0試合0得点
今季はケガが災いしACLのみの出場。ケガの状態次第だけど、ビルドアップはそこそこできる選手だし空中戦は強い。レンタルくらいなら可能性も……あるのかねぇ。何か妙にリアルなリストアップ。

 

西野貴治(J1 G大阪、24歳)J1リーグ戦0試合0得点、J2リーグ戦5試合1得点、J3リーグ戦4試合0得点
今季はJ2千葉へレンタルも出場機会を得られず、夏にJ1G大阪に復帰。しかし出場機会は無し。各年代代表経験があり、ハイボールに強い……増嶋と近いのかなと。となれば、ウチで経験積めばいいじゃない。

 

・平智広(J2 東京V、27歳)J2リーグ戦38試合2得点
東京Vユースから法政大。2013年から町田でプレーし、2016年から東京Vへ。毎シーズンレギュラーを獲得。読みの良さが光る。今季3バックの東京V、そして安心と信頼の東京Vユース育ちでビルドアップにも長けております。

 

畠中槙之輔(J2東京V、22歳)J2リーグ戦27試合2得点
東京VJユースから東京Vユース。2016年には町田でプレーし頭角を現す。レンタルから復帰した今季はレギュラーとしてプレーする時間も多く、武者修行の成果を見せた。こちらも東京Vユース出身らしく、足元上手。いいんじゃない!

 

安西幸輝(J2東京V、22歳)J2リーグ戦40試合3得点
東京VJユースから東京Vユース。2014年の入団以降レギュラー。SBなのですがね、ウチのストッパーは別にCB然としていなくても大丈夫。よかったころの広島さんみたいなもんです。技術に優れていて、サッカーセンス抜群。

 

安在和樹(J2東京V、23歳)J2リーグ戦37試合3得点
またまた東京VJユースから東京Vユース。2013年入団。SBを主戦としながら、CB・DMFも経験。技術力あり、キックの精度高く、視野も広い。そして左利き。ああ、ウチに心から欲しい……リオ五輪世代のU-22選出も経験あり。

 

藤原広太朗(J2 徳島、27歳)J2リーグ戦36試合0得点
FC東京の下部組織で育ち、立命館大学へ。2013年の入団以降、徳島にて不動のレギュラー。左右SB、3バックのストッパーをこなし、読みに優れパスも上手。堅実なプレーが持ち味。Sさん(私)一押しです。

 

【現在の経過】

なんだか、東京Vの選手ばっかりでしたが笑 でも足元うまいんだもの。そりゃあリストアップするさ。

 

んで。安西選手は鹿島アントラーズへ。め、目利きが光る裏強化部の慧眼を証明したんや!はぁ。あとは、平選手は契約更新しましたな。ウチに平選手の加入となれば、オールドファンが喜びそうな展開だっただけに残念。

 

他の選手はまだ、今のところ契約更新していないようなので推移を見守りましょう。我が軍でも既に金正也選手と板倉選手が加入発表されたので、CBの補強は流動的でもありますしな。


ボランチとFWのリストは後編へと続く!